2011年10月04日

皇帝 シンボリルドルフ 死す

お久しぶりです。

GT始まってますが…。

ブログ忘れてました。競馬はやってます。WIN5は結構あたってます(1/3くらい)。

5レースに2頭ずつっていうのが本筋。

軸が決まるレースは1頭で他3頭とか。そうすれば32通りくらいですむので。

と久しぶりに書きたいと思います。

皇帝 シンボリルドルフ がついに亡くなった。

この間まで競馬場で岡部 元騎手がまたがって競馬場でお披露目してたと思ってたけど。

もう30歳だったんだね。大往生だったとか。

馬は30歳なら人間でいう100歳ちかいもんね。

この頃はまだ競馬というものはほとんど知らなかった。

史上3頭目のクラシック3冠馬だっけ。

前年にミスターシービーが3冠。

岡部元騎手いわく最高の乗り味だったとか。日本で負けたのが2回。

それもJCでカツラギエースの3着と天皇賞(秋)にギャロップダイナに負けた2着。

GTはその他、有馬記念連覇と天皇賞(春)と雪辱のJCの7勝。

自分がやはりシンボリルドルフという馬を知ったのはトウカイテイオーという存在。

シンボリルドルフは父親。その頃にじっくり見てあらためて強かったんだなあと知った。

トウカイテイオーは1年ぶりの出走の有馬記念(引退レース)であのビワハヤヒデを負かした。

あの頃は純情だったか知らないが田原騎手のファンで毎回この人から馬券買ってた。

田原騎手が勝ったあとのインタビューで号泣してたのが印象的だった。

シンボリルドルフありがとう。日本競馬をここまで強くしてくれたのはまぎれもなくシンボリ

ルドルフが最初だろう。


で競馬の方は苦手なスプリンターズSはやはりはずしました。

今週はGTないけど南部杯がある。東京だし。

でもほとんどJRAの馬ばかり。2強対決といわれてるが休み明けが多いしエスポは誰が乗るのかな。

1頭狙ってる馬はいます。調教みてからだけど。


そうれはそうと凱旋門賞を圧勝した馬は吉田さんが1週間前に購入してたんだね。

海外のサイトでなんでYOSHIDAって連呼してるか不思議だったけど。

多分繁殖のつもりだったのかな。

しかもこの馬秋華賞の登録をしていてやめたんだね。注目してなかった。

エリザベス女王杯かJCに来るらしい。今回のロンシャンは硬い馬場だったし合うかもしれませんね。

そして昨年エリ女勝ったスノーフェアリーも来るらしい。

面白うそうですね。馬券抜きで。

ではおそらく土曜日に。
posted by shigepon at 22:24| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。